携帯電話代の延滞でカードローンが通らないのはどうして

携帯電話代の支払いを延滞するとカードローンの審査に落ちるという話を聞いたのだけど、これって本当?

前に携帯電話代を支払えなくて携帯が止まった経験があります。今回、カードローンが利用したいのだけど、これだと審査に通らないですか?

携帯電話代を延滞するとカードローンの審査に通らないのはどうして?

携帯代の延滞は個人信用情報に傷がつく可能性がある!

携帯電話代の支払いを延滞したからといって、必ずカードローンの審査に通らないわけではありません。通らない可能性があるだけです。 携帯電話代の内訳は簡単に2つに分けることができます。使用料と端末代です。

使用料はパケ代や通話代のことで、こちらの支払いが遅れると携帯電話の使用が止められてしまいます。ご質問者様の携帯電話が止まったのは、使用料の支払いが遅れたからですね。

端末代は最近では携帯電話を購入する時に端末代を月々の分割払いで支払うことができます。この分割払いですが、クレジットカードのように支払いを分割していると勘違いされがちですが、実は購入の時点でローンを組んでることになるのです。

分割払いとローンの違いは、携帯会社に対して端末代として支払っているのか、ローン会社に借りたお金を返済しているのかの違いです。つまり、端末代に関してはローン会社にまとまったお金を借りて、端末自体を一旦それで購入して、そのお金の返済を行っているということなのです。そのため、この端末代の返済が遅れてしまうとカードローンの審査に通らない可能性が出てきてしまうのです。

カードローンの審査に通らない原因としては、返済の延滞によって個人信用情報に傷がつくからです。実は端末代を月々払いで分割するときにも私達は審査を受けています。そのときに個人信用情報は利用されています。この個人信用情報に延滞などの傷がつくと、それを見たカードローン業者に返済できない人の可能性があると認識されてしまうからです。だから、審査に落ちてしまうのです。

となると、使用料だけの延滞であれば個人信用情報に傷がつかないかというと、その通りなんです。つまり、端末代を一括払いしていたり、完済していたりする場合は延滞しても携帯電話が止まるだけで、個人信用情報に傷がつきません。つまり、カードローン審査には関係ないことになります。

それならば、携帯電話代が払えないときでも端末代だけでも払っておけばいいと思うかもしれません。理屈で考えればそうなのですが、それはできません。なぜなら使用料と端末代は分けて払うことができないからです。そのため、携帯電話代の支払いが延滞する=個人信用情報に傷がつく=カードローン審査に落ちる可能性がある、ということになってしまうのですね。

携帯電話代は携帯が止まるだけだから遅れても構わないと安易に考えてしまうと、後々カードローンだけでなく、クレジットカードの作成や利用、各種ローンにも影響が出てきてしまいます。期日を守ってしっかり支払いをするようにしましょう。

カードローンが通らない!何が原因?

カードローンが通らない!何が原因なんだろう!?…そんな悩みを抱えている人って多くないですか?ましてや、すぐにでもお金が必要な人にとってカードローンの審査が通らないというのは非常に困った事態となっているはずです。恐らくどの会社もそうでしょうが、カードローン会社の審査というのは一定の基準があるはずです。その一定の基準を満たしていないとどのカードローン会社に申し込んでも審査には通らないことは間違いありません。

審査に通らない人の内訳でよく聞かれるのは、ここ数週間以内に何社ものカードローン会社に融資の申し込みをしている、過去に何度も返済が遅れている、一定の収入がない…これらにあてはまると特に審査は厳しくなります。特に一定の収入がない場合はまず審査に通ることはないでしょう。過去に何度も返済が延滞している人は信用度が下がっているので審査も通りにくいかもしれません。そして、ここ数週間以内に何社ものカードローン会社に融資の申し込みをしている人は、よほどお金がない人だという判断をされてしまって審査が通りにくくなることがあります。

結局のところ、いろいろな悪条件が重なってしまうと、カードローン会社は審査を通さないのです。審査に通らないと嘆いている人は、上記に該当するような心当たりはありませんか。一度失ってしまった信用を回復するのはなかなか大変な事です。自分の信用を失墜させないようにすることがとても大切だと言えますね。

期限のある出費には非常に役立ちます

大好きな海外アーティストの日本公演。札幌に来るだろうと思っていたら、なんと仙台どまり。北海道からの旅費&コンサート代で、その月は財布がペッタンコどころか空っぽでも足りない状態に。

しかし、毎日聴いても飽きない名曲を生で聴けるレアな機会だったので、足りない分は迷わずカードローンのお世話になることにしました。安月給とは言え一応社会人として働いてるし大丈夫だろうと思っていましたが、やっぱり不安はありましたね。

無事に借り入れOKと結果が出たときには本当にホッとしました。待ってもらえない用件があるときは便利で助かる、と感じた一件でした。

成績が悪い月はキャッシングでカバー

健康食品の訪問販売、電話での営業販売をしています。一部の年代に人気があり、しっかりした商品なのですが、やはりライバル商品も多いためか、成果報酬の販売成績が月ごとにばらばらで、ときどきキャッシングを利用して生活費をカバーしています。

売れる月、売れない月がある理由には、だんだん季節性があるのでは、と思いはじめてきました。また、自分のセールストークも、日々の業務や研修などで、徐々に上達していると思っていて、やりがいを感じています。

基本的には、深夜に帰宅することが多いので、キャッシングはネットから申し込みしています。手続きは店頭より早く感じるし、終業時間が遅い人には便利なサービスだと思っています。

キャッシングして楽しいデート出来た

若いころは結構メジャーバンドに所属していて、今も色んなバンドのサポートやレコーディングに参加しながら、ギター教室をしています。もちろん自分のバンド活動もしていて、残念ながら収入はそんなに無いんですよ。

なのでデートもほとんどワリカンなのですが、誕生日ぐらいは俺が全部出そうと、キャッシングすることにしました。カードローンってなんか暗いイメージがあったんですが、今は消費者金融も銀行と同じような信頼性があるんですね。

もちろんしっかりプレゼントも買えましたし、一日楽しく過ごすことが出来ましたよ。しっかりした金融機関だって分かったし、たまにはこうして彼女を喜ばせるのも良いなと思いました。